Slider

円盤に乗る派宣言

架空の存在であってはならない。大きな声を出してはならない。誰でもここで生きることはできる。静かで自由な場所に、円盤はやってくる。誰も興味はないかもしれないけれど、それに乗るということはよい物語だ。人間のかたちをして生きていくとき大事なのは、いつでも円盤に乗れるようにしておくことだ。そこでは見たことのない、知らないものがなぜか親しい。価値は過剰にはならない。然るべき未来について考える。時間は経っているが、周りに気づかれるほど長くはない。帰ってきたときも、誰にも興味はもたれない。

円盤に乗る派について

次回活動情報

清潔でとても明るい場所を

浜松公演

2019年8月3日(土)
浜松市鴨江アートセンター

東京公演

2019年8月8日(木)〜12日(月祝)
BUoY

詳細