清潔でとても明るい場所を

photo by Arata Mino

清潔でとても明るい場所、水まわり
言葉に疲れている、と感じることは多い。ふと、目の前の風景を眺めながら、頭の中から言葉を排除しようと努力してみる。それは非常に苦労することだし、無理をしているようにも感じられる。しかししばらくすると脳は違うモードに切り替わり、世界は変化する。それは、いつまでそのまま呆けていても苦痛ではない世界だ。この、言葉から離れた世界は、言葉の世界と明らかに違う位相にある。昔はここまでの乖離を感じていただろうか。もっと無意識に2つの世界を行き来できていたような気がする。なぜここまで、意識的に、努力しなくてはいけないのか。

演劇ではどうしても言葉が中心に置かれる。言葉に関しては疑いがない。なぜこれほどにも疑いがないのか、もしかしたら我々は言葉に対してすでに中毒症状を起こしているのかもしれない。ジャンキーにとっては、言葉は言葉でさえあればよく、それは完成されている必要もないし、論理を持たなくてもよいし、質も問われない。ジャンキーの状態で振る舞えば、言葉はいつまでも続く。言葉が止まってしまうことだけが悪だ。袋小路に入ってしまうことや、あるいは白けてしまうこと。それさえ避けていれば、いつまでもジャンキーはジャンキーとして生き続けることができる。

そうやって発動するジャンキー的な動力源は、エネルギーとしてはとても小さい。しかしそのとても小さいエネルギーによって動けてしまうほど、我々の身体は弱い。そして享楽的だ。ふらふらと、どこまでも進んでいく。

ジャンキーでいてしまうのは我々の前提だし、とても楽な態度だ。しかし摂取が過剰になると疲れてしまう。悪い言葉もあるし、何でも摂り過ぎはよくない。時々は空でも眺めながら言葉を空っぽにしたい。あるいは、たまにはジャンキー的でなく言葉と関係したいときもある。鋭い言葉の、強烈な断絶の前に立ち止まりたいという欲望は排除できない。理想的な状態というのは決して一様ではない。

言葉を手がかりに、様々なあり方の中で動いていたい。『清潔でとても明るい場所を』では、いろんな言葉の様態を通じて、この身体にとって良いあり方を考えてみる。笠井康平氏(いぬのせなか座)には舞台上に配置される言葉をお願いした。舞台美術というものが、舞台上に存在し、俳優の身体と関係しているものだというなら、それは言葉であってもよい。また、詩人の山田亮太氏には詩作のワークショップを担当していただき、それを通じて私が創作した詩を上演テキストの一部として使用する。そもそも専門外のことをするのは無理なことだが、ここで生じる無理は言葉をまた別の方向に解放してくれるだろう。

3人の俳優は先日行われた「ストレンジシード静岡2019」への参加作品「清潔でとても明るい場所に向けて 」でも創作を共にした。様々な場所を通過しながら、一緒に理想的なあり方へと動いていきたい。静岡では、公演が終わったあと、丸子宿の丁子屋まで行って食事をしたのだが、そこのトイレが感動的なまでに清潔で、とても明るいトイレだった。目指していく先にある場所はこのように清潔な水回りなのかもしれない、とそのとき思った。

カゲヤマ気象台  

◆「清潔でとても明るい場所を」

作・演出

カゲヤマ気象台

浜松公演(ワーク・イン・プログレス公演)

2019年8月3日(土)

会場

浜松市鴨江アートセンター
浜松公演の詳細はこちら

東京公演

2019年8月8日(木)〜12日(月祝)

会場

BUoY
東京公演の詳細はこちら

人々

カゲヤマ気象台*(作・演出・音響)、キヨスヨネスク(出演)、田上碧(出演)、日和下駄*(出演)、山田亮太(詩作指導)、笠井康平(いぬのせなか座 | 舞台美術)、黒木晃(編集)、大田拓未(デザイン)、三野新(写真)、みなみあかり(ACoRD | 照明)、河野遥(ヌトミック | 制作)、中村みなみ(制作協力)
*=円盤に乗る派プロジェクトチーム


2018年夏、sons wo: は本企画をもって「円盤に乗る派」として新しくスタートします。これは複数の作家・表現者が一緒にフラットにいられるための時間、あるべきところにいられるような場所を作るプロジェクトです。軸になるのはカゲヤマ気象台による上演作品ですが、様々なプログラムや冊子の発行、シンポジウムなどを並行して行います。
ここで試みられるのは匿名/顕名が平等になる場所です。誰でも発信が可能であり、大きな民衆の声が響き渡る世界の中で、小さな声が守られる場所はとても貴重です。さまざまな声が飛び交ううるさい場所を逃れて、そこであればしっかりものを見、考え、落ち着くことのできるという場所を確保します。それは演劇にまつわるあらゆる要素を、生活とダイレクトに接続するということでもあります。このプロジェクトを通じて、種々の、色んな意味で「実際に活用できる」アイディアを提唱します。ここを訪れた観客たちが各々の生活の中で、それらを実践し、少しでもより生きやすくなることができればと思います。
いつか現れる円盤に乗るということに、強い目的も思想もありません。それはただ「円盤に乗ってみた」という事実が残るだけです。他の人に何ら影響を与えることもなく、大きな社会にとって何の関係もありません。しかし「円盤に乗った人」と「乗らなかった人」は明らかに何かが違ってしまったはずであり、あくまで個人的なその変化に興味を持つ人々、誰にも気づかれない秘密を抱えたい人間たちこそ、「円盤に乗る派」と呼べるでしょう。

sons wo: 改め 円盤に乗る派


カゲヤマ気象台

1988年静岡県浜松市生まれ。早稲田大学第一文学部卒。東京と浜松の二都市を拠点として活動する。2008年に演劇プロジェクト「sons wo:」を設立。劇作・演出・音響デザインを手がける。2018年より「円盤に乗る派」に改名。2013年、『野良猫の首輪』でフェスティバル/トーキョー13公募プログラムに参加。2015年度にセゾン文化財団ジュニア・フェローに選出。近作に『幸福な島の誕生』(2019)『正気を保つために』(2018)『シティⅢ』(2017、第17回AAF戯曲賞大賞受賞)など。

キヨスヨネスク

俳優 1992年東京生まれ。
声と身体の関係、声と演技の関係から声の身体性(声の肌理)に注目し表現を試みている。あらゆる文化や時代、ジャンルにおける身振りや声の表現をリソースに駆使して自身の身体を作っているところ。俳優として自身の作品を作っていく。パフォーマンスユニット「humunus」を結成。ソロプロジェクト「蝸牛二噛ム」などがある。

田上碧

歌手/アーティスト。 自身の声と言葉を用い、「歌」を探求する。2014年頃より、野外から劇場空間まで、幅広い場でソロパフォーマンスを行う。 生身の体から出る歌声と言葉を通して、人は現実の音響空間や体のあり方を捉えなおせるという考えのもと活動している。
近作に、屋外を走って移動しつつ大きい声で歌う『地球のほう』(2016)、部屋の壁に口をつけて歌い唾の跡を残すパフォーマンス『遠くまでコンクリートで』(2017)などがある。

日和下駄

1995年鳥取県生まれ。横浜国立大学卒。俳優、ライター。コンテンツを使ってあれこれする仕事している。 人が集まることと伝え方を考えることが好きなので、コミュニケーションが主軸となる集まりをやっています。

山田亮太

詩人。1982年生。詩集に『ジャイアントフィールド』、『オバマ・グーグル』(第50回小熊秀雄賞)。2006年よりTOLTAで活動。TOLTAでの主な制作物に書籍『この宇宙以外の場所』(2018年)、展示「質問があります」(2017年、アーツ前橋)、舞台作品「人間関数―トルタオーディオブック」(2017年、BUoY)。

笠井康平(いぬのせなか座)

1988年生まれ。東京都在住。会社員。著作に『私的なものへの配慮No.3』(2018)。

黒木晃

雑誌「Curtain」編集・発行人。書店 UTRECHT /NOW IDeA に勤務し、TOKYO ART BOOK FAIR の運営にも携わる。2017年より、WEBメディアM.E.A.R.L編集業務も担当。

大田拓未

1988年東京都生まれ。フリーランスのグラフィック・エディトリアルデザイナーとして活動中。2017年より自身のデザインスタジオ「.otd」を主催し、マーチャンダイズ・プロジェクト「PP_PP」を今年スタートさせた。

www.o-t-d.jp

三野新

1987年福岡県生まれ。写真家・舞台作家。ニカサン主宰。2017年より主に舞台芸術を制作するカンパニーであるニカサン(2 か3)を主宰。「恐怖の予感を視覚化する」ことをテーマに作家活動を行っており、見えないものを見る手法として、物語・写真行為・演劇を横断的に試行/思考しながら制作している。

www.aratamino.com

福尾匠

1992年生まれ。横浜国立大学博士後期課程、日本学術振興会特別研究員。現代フランス哲学、批評。著書に『眼がスクリーンになるとき:ゼロから読むドゥルーズ『シネマ』』(フィルムアート社、2018年)

安藤朋子

1977年太田省吾(劇作家・演出家)主宰の劇団転形劇場に入団、1988年劇団解散後も太田と共に活動を継続し、数々の国際プロジェクトに出演。2001年演出家藤田康城、詩人・批評家倉石信乃らとARICAを創設、国内外で新作を発表し続けている。主な出演作品に『水の駅』『↑』(転形劇場)、『KIOSK』 『しあわせな日々』『孤島』(ARICA)など。2005年カイロ国際実験演劇祭でARICAの『Parachute Woman』(演出/藤田、テクスト/倉石)が最優秀ソロパフォーマンス賞受賞。

岸井大輔(劇作家)

劇作家。1970年生。他ジャンルで追求された形式化が演劇でも可能かを問う作品群を発表している。代表作「potalive」「東京の条件」「好きにやることの喜劇」「始末をかく」。現在、形式の演劇性について考え、美学の講座・対話の場を各種構築中

小宮麻吏奈(アーター/Arter)

1992年アメリカ生まれ。クィア性と身体性、その行き先の時間というテーマから出発し、「人類における新しい生殖の可能性」を自身の身体を起点に、パフォーマンス、映像、インスタレーションなど複数のメディアを通して模索している。これまでの主なプロジェクトに、「小宮花店」という花屋の経営や「野方の空白」というスペースの運営など。現在は、再建築不可の土地にて共同プロジェクト「繁殖する庭」を運営中。

山本浩貴(いぬのせなか座)

1992年生まれ。いぬのせなか座主宰。同メンバーのhとともに、デザインや編集、パフォーマンスの制作を行うほか、雑誌等へ批評や創作を寄稿。主なテクストに「新たな距離 大江健三郎における制作と思考」(『いぬのせなか座』1号)、「制作的空間と言語 「あそこに私がいる」で編まれた共同体の設計にむけて」(『エクリ』)ほか。主な編集・デザインに「現代詩アンソロジー「認識の積み木」」(『美術手帖』2018年3月号)、吉田恭大『光と私語』(いぬのせなか座叢書3)、『これは演劇ではない DOCUMENT BOOK』(「これは演劇ではない」実行委員会)ほか。

東京公演


2019年8月8日(木)〜12日(月祝)
会場 


開演日時

2019年8月 8日(木) 9日(金) 10日(土) 11日(日) 12日(月祝)

14:00

16:00

19:00

19:30

※受付開始・開場時間: 開演30分前

=アフタートーク開催
8日(木)ゲスト:福尾匠(批評家)
9日(金)ゲスト:安藤朋子(ARICA・アクター)

=トークイベント開催
10日(土)トークライブ「岸井大輔(劇作家)×小宮麻吏奈(アーター/Arter)」

11日(日)シンポジウム「書かれたものについて」
パネリスト:カゲヤマ気象台(円盤に乗る派)、山本浩貴(いぬのせなか座)
笠井康平(いぬのせなか座)、三野新(ニカサン主宰-写真家・舞台作家)

12日(月)終演後より:トークセッション「UCHIAGE」
イベント詳細はこちら

会場

(北千住)


http://buoy.or.jp/

東京都足立区千住仲町49-11 墨提通り側入口
※東京メトロ千代田線・日比谷線/JR常磐線/東武スカイツリーライン
「北千住」駅出口1より徒歩6分、西口より徒歩8分


チケット料金

一般予約 3,000円
(「STONE / ストーン02」付き+500円)
当日 3,500円
U25 上記価格より1,000円引き
(25歳以下、要証明書提示、予約券の当日精算可)

書簡チケット 0円
詳細 https://noruha.net/archives/641

※一般予約はクレジットカードもしくはコンビニ決済での事前入金のみとなります。別途、2%の発券手数料(コンビニ決済の場合は+200円)がかかります。
※生活状態(ライフスタイル)誌「STONE / ストーン」は当日、受付でのお渡しとなります。


予約

円盤に乗る派shop

予約開始

2019年7月7日(日)正午より

トークライブ「岸井大輔(劇作家)×小宮麻吏奈(アーター/Arter)」

円盤に乗る派から「今回の作品についてそれぞれの観点からお話しして欲しい」というお願いをしました。
流れとしては、初めに小宮さんより上演を受けての「プレゼン」を行っていただき、その後お二人で上演関係者抜きでお話しいただ区という形で行います。
演劇や美術への深い造詣を持ち、カゲヤマ気象台の作品を長いスパンで追ってきた岸井さんと、「人類における新しい生殖の可能性」を自身の身体を起点に模索している小宮さん。
そんなお二人のトークは、作品をより深く理解するための一助となるでしょう。
観劇前でも、観劇後でも、お楽しみいただけるトークです。


日時

8月10日(土)16:00〜17:30


参加費

500円(予約不要)


定員

60名


対象

どなたでも参加できます。

シンポジウム「書かれたものについて」

演劇にまつわる様々な「言葉」は、何を目指し、どのようなプロセスを経て、どんな効果が表れるのか。
自身で文章表現を行いながら、近年はテキストと上演との関係にも強い興味を持つ、いぬのせなか座の山本浩貴さん、『清潔でとても明るい場所を』で舞台美術としての言葉を製作した、いぬのせなか座の笠井康平さん、同じく今回の公演でビジュアルの撮影を担当し、写真家、舞台作家として活動しながら、演劇のアーカイブ化も実践している、ニカサン主宰の三野新さん。
お三方をパネリストとしてお呼びするシンポジウムは、『清潔でとても明るい場所を』の制作過程で生まれた「書かれたもの」を出発点として、演劇と言葉を取り持つ様々な関係を掘り下げていく試みです。


日時

8月11日(日)16:00〜17:30


パネリスト

カゲヤマ気象台(円盤に乗る派)
山本浩貴(いぬのせなか座)
笠井康平(いぬのせなか座)
三野新(ニカサン主宰-写真家・舞台作家)


参加費

500円(予約不要)


定員

60名


対象

どなたでも参加できます。

トークセッション「UCHIAGE」

公演期間中に行われる様々に語られることは、上演に制約されています。
そのため公演後に行われる「打ち上げ」では、その制約から解かれることで本質的なことが語られることがしばしばあります。 トークセッション「UCHIAGE」はそんな「打ち上げ」をお客様も交えて「ガチ」で行う試みです。
公演が終わったことで話せること、最近気になっていること、今回の公演までに感じたこと、次回公演に向けどのように動くのか、それぞれ個人としての活動、などを開けっぴろげにポジティブな気持ちで話せる場です。


日時

8月12日(月)終演後より


料金

無料


定員

60名


対象

どなたでも参加できます。

浜松公演


東京公演に先駆けて、ワーク・イン・プログレス上演を行います。
上演終了後、同会場にてお話し会を開催。作品や生活の実感などについて、ざっくばらんにお話できればと思います(参加自由、1時間程度)。

開演時間

2019年8月3日(土)14:00
※受付開始・開場時間: 開演30分前


会場

浜松市鴨江アートセンター
http://www.kamoeartcenter.org/

静岡県浜松市中区鴨江町1番地 ※浜松駅から徒歩15分
浜松駅バスターミナル3番乗り場から約10分
 9番 鴨江・医療センター行き
 9-22番 鴨江・教育センター・大平台行き
 鴨江アートセンターバス停 下車


チケット料金

一般予約・当日 1,500円
(「STONE / ストーン02」付き+500円※要予約)
U25 上記価格より500円引き
(25歳以下、要証明書提示、予約券の当日精算可)

書簡チケット 0円
詳細 https://noruha.net/archives/641

※一般予約はクレジットカードもしくはコンビニ決済での事前入金のみとなります。
別途、2%の発券手数料(コンビニ決済の場合は+200円)がかかります。
※生活状態(ライフスタイル)誌「STONE / ストーン」は当日、受付でのお渡しとなります。


予約

円盤に乗る派shop

予約開始

2019年7月7日(日)正午より

Talk & Talk「私たちはどうして演劇を観るのか? 〜“観客”ってむずかしい!?〜」

日時

8月2日(金)18:30


参加費

無料


定員

20名


対象

どなたでも参加できます。


申し込み先

TEL: 053-458-5360
E-mail: k.a.c@kamoeartcenter.org


詳細

http://www.kamoeartcenter.org/events/20190802_tt/


会場:主催

鴨江アートセンター

◆生活状態(ライフスタイル)誌「STONE / ストーン02」

円盤に乗る派は、生活状態(ライフスタイル)誌「STONE / ストーン」を発行します。独立した編集部によって、公演に合わせて刊行。インタビューや対談記事、作家による詩歌や写真などで構成され、多様な生活者のあり方や視点を読み解いていきます

編集:黒木晃 デザイン:大田拓未
執筆者:中嶋祥子、濱田 晋、宮崎信恵、竹岡昌史、corenona、三野新、カゲヤマ気象台、キヨスヨネスク、田上碧、日和下駄、山田亮太、山本りさ子

主催

円盤に乗る派


助成

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)(東京公演)



お問い合わせ

090-4150-2881

info@noruha.net