【清潔でとても明るい場所を】書簡チケットについて

円盤に乗る派『清潔でとても明るい場所を』の鑑賞後に2000字以上の感想文をお書きいただくことで、無料でご観劇いただけるチケットです。 [感想文〆切:8/31土]


公演詳細:https://noruha.net/next

いただいた感想文はWEBに公開し、後日それを受けてカゲヤマ気象台が返信をいたします。
お申込みの際は下記の2つのテーマのうち1つを選んで、800字以上の作文をご提出ください。

①公演ステートメントの感想
https://noruha.net/next

②円盤に乗る派に期待すること

お申込みフォーム:
https://forms.gle/UgZzaYL8baqde7X16
お申込み開始日:2019年7月7日(日)正午より
(枚数限定/おおむね25歳以下/先着順)
この度、「書簡チケット」というチケットを用意致しました。これはおおむね25歳以下の方を対象に、2000文字以上の感想を書いていただくことを前提に、チケット料金を無料でご観劇いただけるというものです。

「書簡」とは言え、我々に宛てて書く必要はありません。思い思いのことを一人で書いていただけたらと思います。いわゆる「批評」を求めているというわけではありませんが、それが必要だと思われるのであれば、「批評」として送っていただいても構いません。なるべく素直に書いていただきたいとは考えています。感想と言っても、単によかった/悪かったというようなこと以上に、この作品が自分にとり何だったのか、あるいは何でなかったのかが書かれているとよいと思います。

書いていただいたものは公開します。記名でも匿名でも構いません。少なくとも誰かがこの作品を観て、何かを書いたのだということ、そのための場を用意したいと思いました。観客が演劇を創るというようなことはよく言われます。観客がいないと演劇が成立しないのであれば、それは単に上演の各瞬間にコミュニケーションが行われるということ以上に、作り手も観客もそれぞれが一人の人間であって、別々に生きてきたし、これからも別々に生きていくということが実感されるからだと思います。何かが書かれるということはそういう意味でもまさに演劇的なことですし、だからこのシステムは新しい何かをやろうというより、すでに起こっていることを顕現させるためのものだと言えます。

今回、対象は若年層に限っています。演劇に興味を持ち始めた人との新たな出会いを期待します。感想を読む人にとってもそれは出会いとなるでしょう。

円盤に乗る派からの夏休みの宿題です。是非奮ってご応募ください。

カゲヤマ気象台